NEOISM

思想・流儀・価値観を綴るブログ

思考のアウトプットのためにブログを始めるなら注意すべきこと

f:id:neoism:20181030122752j:plain

 

思考のアウトプットのために、とブログを始める人は多い。

ブログに限らず、TwitterなどのSNSでも。

 

しかし、そうした人の中には、ただブログやSNSのための記事を書いて終わり、という人も多いのではないだろうか。

 

それでは、目的を達成できているとは言えない。

 

なぜなら、たとえ意識せずとも、

人の目に触れるという事実を背景に、

内容にフィクションを加えたり、

批判されないように都合のいい事実を連ねたり、

人には知られたくないコアな部分を隠したり、

配慮を重ねるあまり大事な部分をぼやけさしてしまうなどして、

自分に嘘をつくことになるから。 

 

 

言語化は、自分の中にある感情や思考、アイディアや違和感などと正面から向き合うことによってこそ意義がある。

 

SNSやブログに載せにくいこと(他者に見られたくない、タブー的なものだったりセンシティブなものだったり)ほど、本人にとってしっかり向き合い言語化する意義のある事柄なのだ。

 

しかし、人に見られることを意識しながら書いたものは、意識せずとも誤魔化しや抽象化が避けられず、無難な内容や表現になってしまう。

違和感をそのまま残してしまうことになる可能性がある。

真に意味のある、本質を突いた思考ができずに終わる。

自分の心の声に無意識のストッパーをかけてはいけない。

 


だから、真に意味のある、自分自身や違和感と正面から向き合う言語化作業を実践するには、プライベートな媒体(Wordなど)に書いた方がいい。

 

そして、ブログやSNSに載せたいのであれば、最初に書いたそれを外向けに修正・削除してからアップすればいい。

 

「読者=自分だけ」の文章こそ、自分にとって価値がある。

だから、私はそうすることが多かった。

 

本音に向き合わない文章の書き方をしつづけていると、次第に本当に自分の本音に向き合うことができなくなってしまう。恐ろしいことだ。

 

これは文章に限らず、他の様々な創作物においても言えること。

 

 

また、ブログを知り合いに見せる上での他のリスクとして、

「距離感関係なく、知り合いに自分のイメージが画一的に伝わってしまう」

というものもある。

 

こっちではこの顔、あっちではあの顔、と使い分けるのが人間であるが、特にFacebookなどのSNSにブログを公開すると(Facebook等での普通の投稿も同じだが)、そうはいかなくなる。

何か発信するのならば、そこも一度は意識した方がいいだろう。

 

結果的にそうした発信が自分にとって良い方向に働くかそうでないかは、また別の話だが。

 

2016