NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観を綴るブログ

【怒り】誰かへの負の感情との向き合い方【対処】

f:id:neoism:20181023034405j:plain

 

誰かに対する怒りや憎しみ、恨みといった「負の感情」との向き合い方について、私が言えること。

 

それは、

 

1. 負の感情を迎え撃たない

2. 負の感情から無理に逃げない

 

 

まずは前者「負の感情を迎え撃たない」について。

 

「相手の感情的な暴言や何らかの策略に対して、同じ姿勢で返報しない」ということ。

 

相手が感情的になって攻撃的な言葉を吐いてきたら、大抵の人は言い返したくなる。

その気持ちをグッと堪え、冷静な返しをする。あるいは無視する。

 

刺々しい憎悪の荒波には、波打つことのない清らかな静水で接する。

 

感情は返報する。優しい言葉にはそれが、キツい感情にはそれが返ってくる。

負の感情に負の感情を以て応えてはいけない。同じ感情の土俵に乗ってはいけない。

あとでイチャモンをつけられる口実となるような欠点・不備をつくらない。

でなければ、下手をすれば泥沼化することになる。

 

むしろ、相手の攻撃を柔らかく包み込み、優しさのある言葉を返せば、相手は肩透かしをくらって怒りや憎しみの行き場をなくし、一気に態度を軟化させてくる可能性が高い。

 

優しさに怒りや憎しみをぶつけるのはなんかダサいから。

 

 

昔、ある友人女性の浮気が発覚した。

彼女を振った彼はその後、友人に攻撃的なLINEを送った。

彼女もまた、長文で攻撃的に対応した。

それに対する彼の返信は「長文お疲れ、もうLINEしないでね」などというアッサリしたものであった。

こう返されては肩透かしを食らうよりほかはない。

「相手が感情的に返してきていた方が良かった」と彼女は言った。

 

 

続いて後者「負の感情から無理に逃げない」について。

 

腹の立つことがあると、合理的な人間なら「負の感情に振り回されて無為な時間を過ごすなんてバカらしい」と割り切って、生産的なことに時間を費やそうとする。

 

それでうまくいけばいいが、不完全消化の負の感情は、それが強いものであれば、また沸々と沸き上がりやすい。

そうして、中途半端な気持ちをずっと抱き続ける不安定な状態が続く。

 

しっかり消化する必要のあるほど強い負の感情に関しては、書き出したり誰かに話したりすることで、言語化して整理することを勧める。

 

愚痴ばかり発していては人が離れていくし、内容次第では馬鹿にされる。

しかし「理不尽な目に遭ったときの」「正当性のある」愚痴なら、まず問題ない。

愚痴が沸かないほど世の中は上手くできてはいない。

 

そうやって整理することで、しっかり前に進むことができる。

どうせ時間が解決するが、解決に時間をかけていてはストレスは溜まる一方だ。

 

 

いずれも、心に余裕がないとなかなか上手くできるものではないが。 

 

また、例えば同じ空間にうるさい人がいたり、後ろの席の人間が(悪気なしに)何度も足をぶつけてきたり、よそ見してぶつかってきたりして短期的にイラッとするときは、思い切って直接指摘するか、無視するために距離を置くかが主な選択肢になる。

 

 

なお「迎え撃たない」に関しては、

・相手との関係がどうなってもいい場合

・迎え撃たなければ後悔すると感じた場合

・自分なり正義を貫く必要がある場合

においては、その限りではない。

 

場合によっては、思いきり怒りなどを発散させてしまうのも、一つの現実的な選択。

 

2016.12