NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観を綴るブログ

本当に意味のある言語化のやり方

f:id:neoism:20181030113923j:plain

 

感情や思考は、書いたり喋ったりして言葉にする(=言語化)することで整理される。

 

自己理解を進める上で、言語化という行為は非常に有用だ。

頭の中で考えるだけでは堂々巡りになってしまうが、言葉にしたり可視化したりすることで、全体像を俯瞰しやすくなり、疑問や違和感を明確にしやすくなる。

 

しかし、その言語化に意味があるか、有用かどうかは、やり方次第

 

たとえば「重要だ」「何々すべきだ」という表現。

 

これらはよく使われるが、本人すら

「何がどう『重要』なのか」

「どのような人がどういう止むに止まれぬ理由でそれを『すべき』なのか」

を明確に理解していないことが多い。

 

なんとなく言語化した気になって、曖昧のままで満足している。思考から逃げている。

 

何かを考えるとき、言語化するときは、立ち止まって吟味して、曖昧さや偽り、誤魔化しがないか確認し、細部まで噛み砕いてしっかりと向き合う。

 

そうすることで、その感情や思考は、本質を突いた、自分自身にとって意味あるものになる。

 

2017.09