NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観を綴るブログ

心拍数を高めるために

f:id:neoism:20190211160012j:plain

 

先日、映画を一人で久しぶりに観た。

2010年公開の「告白」だ。

 

作中、心拍数が上がるシーンが何度かあった。

リアルの生活ではあまり体験しない、心臓の高鳴り、ドキドキした感覚。

それが快だった。

 

数年前に心拍数を測ってみると、1分間に50回台と、平均値(70回以上)よりも低かった。

心拍数の少ない人間は、心拍数を上げようとしてリスキーなことをする傾向にあるらしい。

 

それが当たっているのか知らないが、私は心拍数を高めるために生きているんだなと、映画を観て改めて感じさせられた。

 

しかし、こうして安易に心拍数を高めることができてしまうのは問題かもしれない。

なぜなら、刺激を求める欲求がインスタントに消化されてしまうからだ。

 

受動的に楽に心拍数を高めるのではなく、現実世界で自ら行動する中で高めようとすることこそ、自分の人生を謳歌する上で重要な姿勢だ。

 

こちらも併せてどうぞ。

www.neoism.xyz

 

2019.02.11