NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観や日記を綴るブログ

一喜一憂してしまうことを嘆くな

f:id:neoism:20180929090942j:plain

 

一喜一憂という言葉は、良い意味では使われない。 

 

 

確かに、やってくる波に一喜一憂せずに泰然自若と平常心を保った方が、冷静に物事を判断して進めることができるだろう。

 

しかし私は「一喜一憂してもいい」と考えている。

 

喜怒哀楽は、生来身に付けている自然な感情だ。

そうした感情を誤魔化さずに、その都度我慢せずに噛みしめればいい。

 

どんな波が来ても心の底から鷹揚としていられる人ならいいが、そうでないのなら、感情を無理に抑えたところで、結局上手く消化されず、どこかで不具合が生じる。

自分の本当の気持ちが分からなくなり、知らず知らずにストレスが溜まっていく。

大きな波であればあるほどに。

 

 

問題なのは、一喜一憂した結果、やるべきことをやらなくなってしまうこと。

 

勉強なりスポーツなりで、納得できる良い成績を取ったとする。

それは素直に喜べばいい。

しかし、それで浮かれて鍛錬を怠れば、たちまち成績は下がっていく。

 

納得できない悪い成績を取ったとする。

それは素直に悲しめばいい。

しかし、それでショゲて鍛錬を怠れば、ますます成績は下がっていく。

 

動物的な感情を忘れず、かつ人間的な理性をも大切にする。

これが一番自然な在り方ではないだろうか。

 

 

自分の行為一つ一つを自覚しつつ、やるべきことを淡々と続ける限り、ガンガン一喜一憂していこう。

 

P.S.

あまりに波が大きすぎるときは、この限りではない。

 

 

2018.03