NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観や日記を綴るブログ

自分に自信のない人に捧げる文章

f:id:neoism:20180919064121j:plain

 

「私ってブスだし、全然自分に自信がなくて」

 

大学二年生だったある日の夜、自転車で併走していた女の子が言った。

 

 

自分にあまりに自信のない人間(=自己肯定感の低い人間)は魅力的ではない。

少なくとも私にとっては。

 

ちょっとした自虐なら笑いを誘うけれど、本気のそれは、周りを無表情にするだけ。(特に、関係が深いわけでもない場合)

 

卑屈になってはいけない。

「面倒で哀れな奴」になっても、何も良いことはない。

ネガティブはネガティブしか呼ばない。

 

私は、かつて失恋を通してこのことを痛感した。

かくいう私も、自信のなさなどから自分を卑下するようなことがあったからだ。

 

 

では自信に溢れている人がいいのかといえば、必ずしもそうではない。

計量カップから溢れるほどの自信、つまり身の丈に合わない過信は、身を滅ぼす。

私は、カップの七分目くらいがちょうどいいのではないだろうかと思う。

 

 

言うまでもなく、私は自信に溢れまくっているわけではないし、世界の誰もが堂々と心から胸を張れるとは思っていない。

 

だから行動するのだ。

自信を持てるように。

 

  

具体的に、どう行動していくのか。

別に、大きなことをやる必要なんてない。

 

「自分との約束を守る」つまり「自分に克つ」

 

ただこれだけだ。

 

 

朝6時に起きると決めればその通りに、今日はこの作業をやると決めればしっかり終わらせる。

その日の夜は、心地良い満足感とともに眠りに就くことになるだろう。

 

それが、自己肯定感の上昇・維持に繋がる。

 

 

だが、なかなかそれが難しい。

 

そんなときは「自分との約束を守るトレーニング」で慣らしていく。

焦ることなく、些細な約束を守ることから始める。

 

そうすれば、全体が引き締まっていく。

次第に、もっと大きな負荷のかかることが容易くなっていく。

 

 

「いや、行動を起こしていても結果が出ていなければ、自信なんて持てなくない?」

と言う人もいるだろう。

 

 

ではこう発想しよう。

これは、自信の前借りだ、と。

未来の自分から、自信を借りるのだ。

 

虚勢でもいいから、自信を持って行動すれば、得られるものは大きい。

自信がなければ行動できないのなら、自信がある設定で行動して真の自信を手に入れるのだ。

  

  

自分の商品価値を発信するのは自分だ。

自分の言葉と行動と態度で、決まる。

 

自分の商品価値を自分の言葉で無駄に下げてどうする?

商品を卑下して成功した宣伝がどこにある?

 

無駄に見栄を張ってはイタいだけだが、その逆はもっとダメだ。

自分の商品価値を決める一番大事な要素は、自分の在り方。

 

自分は自分しかいない。胸張っていこう。

 

 

2016.10