NEOISM

思想・流儀・価値観を綴るブログ

私はお金持ちになりたい

f:id:neoism:20180919051822j:plain

 

私はお金持ちになりたい。

 

選択の自由、時間の有効化、発想の拡張、そして誰かの力になるために。

 

 

まず、選択の自由について。

 

例えば、今ふと沖縄に行きたくなったとする。

しかし、当日の航空券を調べてみると、高い。

諦めて、航空券の安い一週間後に回すことにする。

あるいは、一週間後は予定が合わなくて、結局頓挫する。

 

例えば、何かしら家電でも食材でも買いたくなったとする。

どちらの商品の方が安いのかをじっくり見比べる。

買い物に時間と労力がかかる。

 

例えば、東京から大阪に行く用事が月に2回あるとする。

交通費がもったいないから用事の時期を被せて1回だけで済むようにしたい。

それが難しいとき、大阪に行くこと自体が面倒になる。

 

しかし、もし充分な資金があれば、

 

迷わずに当日航空券を購入して沖縄に飛び立てる。

些細な価格の違いを気にせずに良いと思った方を即購入できる。

躊躇いなく大阪に2回行くことを選択できる。

 

経済的余裕、資産力は、行動力や決断力を強化する。

 

どちらが安いかなんて細かいことに気を取られずに済む。

そんなことを考えて悩むのは面倒だ。

なるべく自分の意思に沿った自由な選択をしたい。

お金への拘りを良い意味で減らしたい。

 

 

次に、時間の有効化について。

 

「Time is Money」とはよく言われる。

しかしそれ以前に「Time is Life」そして「Time is What You Are」。

 

自分が何に時間を使っているかが、その人をある程度表す。

 

充分なお金があれば、仕事を外注して手間を減らすことができるし、安いけれど時間のかかる高速バスよりも、速くて快適な新幹線に迷わず乗ることができる。

そしてその分、もっとかけるべきところに時間をかけることができる

 

「Time is Money」はその人次第だ。

月収5万の人にとっては、1万5千円で2時間半の新幹線に乗るよりも、3千円で9時間の高速バスに乗る方が合理的だ。

しかし、月収100万の人にとっては逆になる

要は、使えるお金をどれだけ持っているか。

 

私は、ほぼ全ての局面において「Time is Money」と言えるくらいになりたい。

 

 

次は、発想の拡張について。 


資産力は人の発想を変える。

 

月収10万なら自炊、20万ならせいぜい松屋しか見えないかもしれない。

でも、40万なら高級レストランという選択肢が余裕になってくる。

200万あれば、熟練のコックを雇うことだって視野に入ってくるかもしれない。

 

選択肢の幅が拡がることは、世界の拡がりを意味する。

新しい景色を見てみたい。

ドブネズミのように這いつくばって見える景色も、高層高級マンションの100階から見える景色も、堪能したい。

 

振れ幅の大きな人生を送る―。これも一つの旅のカタチ。

 

  

最後に、「誰かの力になる」について。

 

家族が急に病気になってお金が要る―。

親友が何かにチャレンジしようとしていてお金が要る―。

昔お世話になった人に、海外旅行をプレゼントしたい―。

 

そんなとき、すぐに助けてあげたり、力になってあげたり、惜しみもなくドンと出したりということができるようになりたい。

お金はたくさんなくても生きていける。

でも、お金で出来ることはたくさんあるし、守れる命もたくさんある。

お金は目的達成の非常に強い手段たりえる。

 

 

だから、お金持ちになる。

 

こちらも併せてどうぞ。

www.neoism.xyz

www.neoism.xyz

 

2018.09