NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観を綴るブログ

周りの人が揉めているときに、これが出来ているか

f:id:neoism:20181023031800j:plain

 

「異なる立場それぞれの話を聞いた上で判断する」

 

小学生ばかりか、大学生すらあまり出来ていないんじゃないか。

 

 

特に、周りの誰かが人間関係で揉めているとき。

 

片方の言い分を鵜呑みにする人がいるが、それは片方からの視点でしかない。

 

共感や味方を得るため、自分を肯定するために、自分にとって都合の良い情報ばかりを出そうとして話を盛ったり虚偽を含ませたりしている可能性は充分にある。

信頼できると思っている相手であってもだ。 

 

「片方の言い分だけでは真実は分からない」

 

これを念頭に置き忘れてはいないか。

先の例では、もう片方の言い分を聞くことが必須であるし、加えて出来れば第三者からの証言を取ることが望ましい。

 

ツイッターなどでは、何らかの事象のごく一部、誰かの発言のごく一部だけが取り上げられ、それを見た人々がゴチャゴチャ言っているという光景がよく見られる。

 

一面だけで全てを判断するのは浅はかでナンセンス。

そんな愚かな大衆とは一線を画していこう。

 

2016.07.