NEOISM

NEOが己の思想・流儀・価値観を綴るブログ

ツキの波に乗るための13の方法

f:id:neoism:20190210164834j:plain

 

私が思うに、ツキの波に乗るためには、以下の13の手段が有効だ。

これらを実践・維持すれば、なんか良い感じになる。維持するのが難しいのだが。

 

「外に出る」

部屋に籠もってばかりいずに。

うつむかない。そして急がない。

 

「身なりに気を付ける」

堅い表情や汚い格好はNG。臭い靴もダメ。

自分が堂々と振る舞える格好で、そして明るい表情で。

 

「人と話す」

なるべく色んな人と、オープンマインドで。

そこからまた何かに繋がる。

 

「人を誘う」

話したい人に積極的に声をかける。

もし断れれば次に進む。

 

「誘いに乗る」

少しでも心惹かれた誘いには乗る。

そこからまた何かに繋がる。

 

「偶然を活かそうとする」

偶然を活かすことができれば心は高鳴る。

そして、さらなる偶然が目の前に現れる。

 

「余裕を持つ」

時間的余裕、経済的余裕、精神的余裕、身体的余裕(健康)。

これがなければオープンでいられなくなり、目の前の機会に飛び込めない。

 

「健康的な生活を送る」

しっかりと栄養や睡眠を摂る。

日中のパフォーマンスを高く保つために。

 

「やるべきことをやっておく」

今日やるべきことをやるのは、明日やるべきことを明日やるため。

大きな後ろめたさがあれば、心から乗っていくことは難しい。

 

「どうでもいいことはなるべくやらない」

もちろん、授業とか仕事とか、やりたくないことは色々ある。

そんなものは、我慢するか、視点を変えるか、少なくするか。

 

「自分のやりたいことを人に伝える」

一緒にやることになったり、有用な情報が入ってきたりする。

同時に、相手に有用な情報は惜しみなく伝える。

 

「目標とともに生きる」

どんなスパンの目標であれ、それとともに行動すると、自己肯定感が高まる。

心が引き締まると同時に、視界が広くなりオープンでいられる。

 

「新しい体験に対してオープンに」

新しいことに積極的に乗り出していく。

刺激を得て、マンネリ化しない。

 

こちらも併せてどうぞ。

www.neoism.xyz

 

2019.02.10